診察内容

矯正歯科

矯正歯科はなぜ必要?

歯並びが悪ければ噛み合わせも悪いので全身の健康に大きな影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。
歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体と心をつくるための歯科治療なのです。そして治療がすめば、健全な咀嚼器官と共に健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。

インビザライン

不正咬合による心身への影響

不正咬合は以下のように、心身に大きな影響を与えます。
  • ・歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病になりやすい。
  • ・食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる。
  • ・あごの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。
  • ・顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい。
  • ・咀嚼筋の発達に影響を与え、姿勢も悪くなる。
  • ・構音機構に影響して正しい発音がしにくくなる
  • ・視力低下の原因ともなり、学力や運動機能の低下を招きやすい。

いろいろな不正咬合

乱ぐい歯・八重歯(叢生

すき歯(空隙歯列列弓)

出っ歯(上顎前突)

受け口・反対咬合(下顎前突)